【 悲報 】結んだ時に生え際が… !前髪のデザインカットでおデコをカバーだ!

2019年3月24日[ hair ]カット, スタイリング, 前髪カット

前髪は、全体の印象を良くも悪くも大きく変えるパーツです。

そんな前髪には色々落とし穴があります…

《前髪迷子》

《前髪クセ問題》

《セルフカットで失敗》

《前髪ストパーでチリチリ》

などなど…

「でも…分かってるけど切っちゃうのよね!」

「花粉症でツライし!」「仕事に支障がでちゃう!」

って、声が聞こえてきそうですね…

今回は、セルフカットの修正とお悩み解決のレスキューカットをお送りします。

《カット前》

《現状》根元が浮きやすく前髪の横が分かれやすい。

前髪を切る時に大事なのが、生え癖を見ること。

癖を伸ばすブローはせずに、ナチュラルに乾かした状態。ちゃんと乾かせばなんとかまとまりましが…セルフカットをしたため幅はバラバラで毛先のまとまりがなく、さらには伸びきっています。

今回の1番の問題は、ポニーテールにした時に生え際のおデコが見えるのが悩み。

おデコの生え際…見えるのが嫌な方多いですよね。際が見えることにより、「疲れて見えたり・老けて見える」のです。

初めから薄い方もいますが、毎日きつめのポニーテールをしていると間違いなく薄毛になり、おデコの生え際が広くなります!!!

常に引っ張られていると、やはり毛根に負担がかかります。

以前、光文社「VERY」のヘアメイクをやっている時に「生え際ビフォーアフター」みたいな感じで…そのモデルさんの過去と現在の写真を見て広くなったおデコをヘアアレンジで可愛くオシャレに隠す!みたいな企画をやったのを覚えています。

今思えば…あれはかなり斬新な企画でした(笑)探したけど見つからずに残念…とても参考になると思ったんですがね(笑)

今回の問題はカットで解消。前髪の幅を増やせばいいのです!ワイドバングが嫌いと言われたらそれまでですが、その場合もちろんおデコは隠せません。

前髪の幅を増やすことにより、おデコの生え際が前髪として隠れるので、ポニーテール時に引っ張られないので目立ちません。

【 完成 】

これでポニーテールした時も安心!

と、思っていましたが…1番大事なポニーテール写真を撮り忘れてしまいました。

もし…セルフカットしたいのであれば、自分の生え癖を理解しないと失敗します!なのでどうしてもという方は言ってください。やり方を教えますので。

お時間ある時は、是非前髪カットだけでもお待ちしてます!

【 書いてる人 】

This error message is only visible to WordPress admins
Unsupported get request. Object with ID '17841400645561730' does not exist, cannot be loaded due to missing permissions, or does not support this operation. Please read the Graph API documentation at https://developers.facebook.com/docs/graph-api

【東京 表参道「air青山店」「LOVEST二子玉川店」ITマネージャー】

雑誌の勝ち抜きヘアメイクバトルで「グランプリ」になった実績を持ち、現在ではモデルやタレントの方からも支持もいただき「美容師・ヘアメイク」として多くの指名をいただけるようになりました。

最初は…チークを入れる位置も分からなかったり、シャンプーヘッドをお客様の頭にぶつけたりもしました…情けない(汗)

(ちなみにそのお客様は、当時の16年前から今もなおご来店されています!本当申し訳ない限りです…)

それらの失敗を乗り越えて得た「技術・知識」で、お客様の悩みを解決し綺麗にしています!!!

これを読んで、やりたいヘアスタイルの参考にしたり、自分に合った美容アイテムを見つけてくれたらなと思います!

最後 、もし気に入っていただけたら是非ご来店をお待ちしております!

air・LOVEST サロン予約

2019年3月24日[ hair ]カット, スタイリング, 前髪カット

Posted by sugisaki