【修正カット】前髪を自分で切って失敗…伸ばしているけどまとまらない ロング・セミロングヘア

2019年3月24日[ hair ]カット, 前髪カット

本日のお客様

【 大学生・21歳 】
(掲載了承済み)

《 カウンセリング内容 》

・前髪を自分で切ってしまい失敗。

・髪のボリュームが気になる(量が多い)毛量を減らしたい。

・でも前髪は立ち上げたい。

・ストパーをしようか迷っている。(1年半前にした)

・全体伸ばし中。

・毛先のまとまりが悪い。

彼女の中で1番気になるのが、自分で切って失敗した前髪ぃ…

気持ちは理解できますよ…

伸びてくるとジャマですもんね!

残念バングを含めて、詳しく見てみましょう。

《 カット前 》

《 悩みの対処案と仕上がり 》

【 毛先のまとまりと、多毛に対して 】

①ストレートor縮毛矯正をかけてタイトにする。

②クセのところを根元からあまり梳かないで、中間部分を中心に梳いて収める。

〈 ②を選択 〉

ストレートをかけると髪が痛むからちょっと…ということをおっしゃっていたので今回は見送りました。
もちろん、ストレートも薬なので痛みはゼロではありません。(痛みという表現が適正なのかわかりませんが)ですが、1度だけちゃんとストレートをして、クセをしっかり伸ばすことが出来れば、自宅で何度もブローやストレートアイロンでクセを伸ばす方が痛みがでるのではないかと考えています。(もちろん、髪質で左右されますが)

今回はカットで収まるように減らし、(限界はあります汗)それ以上のボリュームダウンを目指すには、今後ストレートを相談してやっていく方向にしました。

毛先の薄い所は、伸ばし中なので切り過ぎなくて厚みが出るギリギリの「5センチ」に設定しカット。綺麗に厚みを出しまとまるようにしました。

【 自分で切ってしまった前髪 】

①似合う長さに切る。〈 それしかありません! 〉

おー(涙)

前髪の「左右の長さ」と「毛束の厚み」が違いますね…

綺麗に分けとるとよくわかります。

長さが…

耳に掛けやすく巻いた時に流しやすい、顎ラインの長さにしました。

【 根元・前髪の立ち上がり 】

①ブローで立ち上げる。
②パーマでボリュームを出す。
③スタイリング剤でボリュームを出す。

〈 ③を選択 〉

「ブローはできない」「パーマは痛む」とおっしゃっていましたので、スタイリング剤での提案。

ブローはそうですね…慣れは必要です。こればっかりは練習です。上手くできても「湿気がある時期」や「汗」の影響でせっかく頑張ったブローも台無しになるかもしれませんね…涙

パーマは、毛先にかけるのはいいのですが、根元のボリューム出しにやるとなかなか上手くいかないケースが多いです。もちろん毛先の乾燥も…

毛先のパーマは残りますが、根元にかかったパーマも1ヶ月もすると根元も伸びてまた潰れてしまうかもしれません。もちろん生えグセにもよりますが。

今回は、お客様の考え方とやりやすさを相談して③に。

ローランド・シーソルトスプレー

ボリュームの出したい地肌に直接スプレーし、地肌と根元付近の髪にしっかりなじませた後に軽くドライヤーを入れます。

こんな感じにふわっと立ち上がります。
(生えグセにもより、完全に下にペタッと生えている方は難しいかもしれせん)

《 カット後 》

これで綺麗になりました!

《 まとめ 》

全体の毛先の厚みが出るように5センチ切り、広がりを抑えるため中間部に量調整をし、表面には少しだけレイヤーを入れ動きを出します。

前髪は、顎ラインで厚みと長さを整え流しやすく。
大人っぽい雰囲気が好きだと言っていたので、毛先を少し巻きより柔らかさと大人っぽさがアップします。

今後も暑さに負けないで、頑張って伸ばしてほしいですね!

ご参考くださいませ。

【 書いてる人 】

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Click here to troubleshoot.

【東京 表参道「air青山店」「LOVEST二子玉川店」ITマネージャー】

雑誌の勝ち抜きヘアメイクバトルで「グランプリ」になった実績を持ち、現在ではモデルやタレントの方からも支持もいただき「美容師・ヘアメイク」として多くの指名をいただけるようになりました。

最初は…チークを入れる位置も分からなかったり、シャンプーヘッドをお客様の頭にぶつけたりもしました…情けない(汗)

(ちなみにそのお客様は、当時の16年前から今もなおご来店されています!本当申し訳ない限りです…)

それらの失敗を乗り越えて得た「技術・知識」で、お客様の悩みを解決し綺麗にしています!!!

これを読んで、やりたいヘアスタイルの参考にしたり、自分に合った美容アイテムを見つけてくれたらなと思います!

最後 、もし気に入っていただけたら是非ご来店をお待ちしております!

air・LOVEST サロン予約

2019年3月24日[ hair ]カット, 前髪カット

Posted by sugisaki